記事一覧

花粉症患者の予防

本来、春は冷たい空気の中にも暖かさが感じられ、空は青く、何かが始まるようなウキウキした気持ちになるものでした。しかし今日は春になると憂鬱になる人が急増しており、春を喜んでばかりはいられなくなりました。花粉症は「国民病」と呼ばれるほどに蔓延し、特にスギ花粉症患者の増加がめざましく、国民の4人に1人、25%がスギ花粉症だといわれています。またスギ以外にも日本国内には花粉症を引き起こす植物はおよそ80種類もあり、季節も冬以外1年中に及びます。

花粉症患者がここまで急増した背景にはいったい何があるのでしょうか。花粉症になったからといって死ぬわけではありませんが、現在のところ完治しない病気です。また花粉症の季節には黄砂が飛来し、花粉症の症状が更に悪化します。

花粉症と上手に付き合っていくには、そのメカニズムを知り、症状が出る前に予防することです。日常でできる予防法の他、花粉症の歴史や最新の治療法などを紹介します。このサイトが少しでも花粉症で苦しむ方のお役に立てば幸いです。また検索枠を設けましたので、気になったキーワードを打ち込んで調べることもできます。サイトの情報は日々更新するので要チェックですよ~!


http://susakichuo-mc.com/
http://blog.susakichuo-mc.com/
高知県須崎市桑田山甲34
TEL 0889-45-0411
FAX 0889-45-0014

インフルエンザとは

インフルエンザ(英語:Influenza)とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)ともいう。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。急性脳症や二次感染により死亡することもある。

新型インフルエンザは、毎年流行を繰り返してきたインフルエンザウイルスとはウイルスの抗原性が大きく異なる新型のウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生しています。ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を獲得していないため、世界的な大流行(パンデミック)となる可能性があります。
 病原性が高く感染力が強い新型インフルエンザの発生・流行は多数の国民の生命・健康に甚大な被害を及ぼすほか、全国的な社会・経済活動の縮小・停滞を招くことが危惧されており、国家の危機管理の問題として取り組む必要があります。
 新型インフルエンザの発生・流行に備え、政府一体となった取り組みを進めており、国における対策はもちろんですが、自治体や企業、さらには国民一人一人が正しい知識を持ち、必要な準備を進め、実際に新型インフルエンザが発生した際に、適切に対応することが大切です。


http://susakichuo-mc.com/
http://blog.susakichuo-mc.com/
高知県須崎市桑田山甲34
TEL 0889-45-0411
FAX 0889-45-0014