記事一覧

自賠責保険について(続き)

自賠責保険について(続き)

車に乗る際には、自賠責保険の証明書を必ず積んでいる必要があります。

もし積んでいなかった場合、運転手には30万円以下の罰金が課せられるほか、1年以下の懲役、免許停止などの処分が課せられます。 また、自賠責保険の有効期限が切れている場合にも同じような処分が発生します。

通常は車検を受ける際に、自賠責保険の有効期限がチェックされるようになっているので、期限切れの心配はありませんが、原付自動車や250cc以下のバイクには車検がないので、期限切れに気づかないままついつい乗ってしまいがちです。知らなかったでは済まされないので、くれぐれも注意しましょう。

自動車道路

自賠責保険は、加害者の家族が事故にあった場合でも保険料が支払われる、被害者に過失があったとしても保険料が支払われるなど、被害者にとって有利な保険になっていますが、絶対的な保険とは言えません。

それは、人身事故の場合にしか適用されず、物損事故の場合は保険料が支払われない、保険料の上限が被害者1人あたり死亡3000万円まで、後遺症が残る場合は4000万円までなど、不足している部分が多々あるからです。

そのため、実際は自賠責保険以外の任意の自動車保険に加入するのが一般的です。

しかし、任意保険は民間の企業が営業しているため、なんとか自賠責保険の限度額の範囲内で保険料を抑えようとする動きが見られます。これは、自社の支払いをできるだけ少なくするためです。


http://susakichuo-mc.com/
http://blog.susakichuo-mc.com/
高知県須崎市桑田山甲34
TEL 0889-45-0411
FAX 0889-45-0014